2007年03月14日

名古屋市の若者就労支援講演会(要約)

3月11日(日)に行われた名古屋市主催の若年者就労セミナーに行って来ました。NPO法人 青少年自立援助センター理事長の工藤定次さん(9月に三重で講演した工藤さんのお父さんだそうです)が基調講演を行ったので、参考になればと思い、その要約を紹介します。若干細かいところで聞き違いがあるかもしれませんが、あくまで永野のレポートだということでお願いします。

●待ちの姿勢の就労支援、支援者達は強制的に働かせるのか?というけれど、人間は役割を果たしてこそ満足する。待ちの姿勢はどこかで終止符を打たなければならない。

●「見立て」の必要性
引きこもり、無業者、フリーターという3層のピラミッドがある。ニートはこの3層のどこにでもいるが、
常に、この3層を意識して、支援していかなくてはならない。

たとえば、フリーターは1日働いても、365日働いても同じフリーターだが、ここにもニートはいて支援の必要がある。

無業者と引きこもりには明確な違いがある。無業者には友達がいるが、引きこもりにはいない。
無業者には職業訓練を、引きこもには友達と遊ぶ楽しさの体験が必要で、
おのずと支援方法が違ってくる。

ともかく、この子はどの層のニートか見極めてから支援する必要がある。

●国の政策として動くには2つのことをクリアしなくてはならない。

一つ目は、統計方法を明らかにすること
二つ目は、対象者が50万人を超えること
この2つを満たさない限り政策課題にはならない、現在のところ「引きこもり」が除外されるのは
これらを満たさないからだ。

●同じ「不登校」でも2種類がある。
もっと遊びたいから学校に行きたくない不登校と、いじめで苦しんでいるから学校に行きたくない不登校

これらを両方とも一緒にして支援することはできない。

●自分で稼いで食べれるようになって、初めて「自由になれた」という声が多い

●経験したことがないことはできない --- やったことがないのにアルバイトに行け!といわれても無理

●だから訓練(穴を埋める)必要がある。

●思春期の子どもが「お父さん大好き」と言うわけがない。だからこの支援は母親が前線に立つ必要性がある。

●子どもに社会性を持たせるのは、親にはできない。第3者の力をかりる必要がある。

●子どもがゲームやビデオに固執するのは理由がある。
それは、つらくならないため、考える時間を作らないため。

●まわりに左右されない(景気・環境など)就労ができる力を持ってから社会に送り出す必要性
バブルの時に大量に就職させたが、バブルが終わって真っ先に首を切られたのが彼らだ。

●ドイツの若者には半労半Xという考え方があり、自分に与えられた時間のうち半分は仕事に使い、もう半分は自分に使うという。
こういう考え方もありかなと思うようになった。若者たちは住み分けすればよい。

●「見立て」と「ネットワーク」この2つが最重要

以上
posted by 事務局 at 22:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 文献・新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

ニートの分類・支援の方法について

ニュースタートの二上能基さんの「希望のニート」(2005年東洋経済新報社)に書かれた文章がニートの分類とそれぞれの支援のあり方について簡潔にまとめてありましたので、その一つの考え方として参考までにここにご紹介します。

一口に「ニート」と言っても、大まかに次の三つに分けられると私は思います。
@就労についての決め細やかな情報提供を必要とする層(情報力必要型)
A就労以前に、人間関係が苦手で社会に出てもすぐに挫折しそうな層(社会力必要型)
Bさらに生きていること自体にあまり喜びを感じられない層(人間力必要型)
ニートには、この三つのタイプが存在するというのが私の考えです。それらをひとくくりにして、同じ対応をしても空転する若者が生まれてしまうのです。

まず、「@情報力必要型ニート」は、自発的な就職浪人や就職活動をしたのに採用されなかった若者たちです。こういう層には、決め細やかな就職情報の提供やカウンセリングなど、いま政府が進めている「ヤングジョブカフェ(若者専門の就職相談所)」政策である程度は対応できると思います。

ただ、「A社会力必要型ニート」は、ジョブカフェ対応では難しい。彼らは他人と話すときに何を話したらいいかわからない、と悩んでいるからです。
彼らは誰かと話すときに、
「きちんと目的意識を持って話さないといけない」
「しっかりとした内容のある話をしなければならない」
そんな強い思い込みがあり、そのせいで過度に緊張してしまい、他人とうまく話せない。
前にも書きましたが、そのために近所のおばさんと世間話をするのではなく、「話し方教室に通って勉強したい」と考えてしまったりするのです。
私が子どもの頃なら、近所のさまざまな年齢の子どもたちと遊ぶことで培えた力が、圧倒的に足りないのです。年齢相応に他人と交流し、対話する力が未発達なのです。
このタイプは、ジョブカフェ対応では難しい。あえて書けば、厚生労働省が行っている「若者自立塾」対応のほうがまだ近いはずです。

最後は、「B人間力必要型ニート」です。
あとでくわしく書きますが、私たちニュースタート事務局で開催している「お遍路プロジェクト(四国88ヶ所をニートの若者たちと歩く企画)」で、若者の変化を見ていると、まさに不足していた「人間力」が育ってきていると感じることがあります。
昼夜逆転した生活をしていた若者達が、規則正しい生活の中で活力を取り戻していく様子が手に取るようにわかるのです。
四国の大自然を中を歩く爽快感。地元の人の思いやりやありがたいと感じる心。お菓子やファーストフードではなく、新鮮な食材が持つおいしさを感じる味覚。しっかり歩き食べてぐっすり眠ることの幸福感―そういう感覚が彼らの中で次第に目覚め、引きこもりやニートの若者たちの表情が目に見えて健康的でほがらかになり、その言動が明るく生き生きしはじめるのです。まさに生きる喜びを彼らが取り戻していくわけです。
その鮮やかな変化に接していると、反面、彼らがいかにそれまで生きる喜びを感じられない場所で生活してきたのかを思わずにはいられません。そういう若者たち(すなわち「B人間力必要型ニート」)には、就職情報や社会力以前に、たとえばお遍路体験のように、まず生きる喜びを体感する場所づくりが必要になるのです。

おそらく、現在の若年失業やニート問題への対応が混乱しているのは、以上のようなニートの区分けと、それぞれに応じた対応が必要だと言う共通認識がもてていないからだと思われます。

専門家の間ですらそうなのですから、世間一般の人たちの中でニートへのイメージが、まだまだ曖昧なのも仕方ありません。
上記のタイプ分けで言うと、ニュースタートで生活するニートの若者たちは、ジョブカフェ対応では難しい若者たち、すなわち「A社会力必要型ニート」と「B人間力必要型ニート」の若者たちです。
そんな若者たちに、私たちがどんな言葉を投げかけているかを、次に紹介したいと思います。

ただの人として、楽しく生きる

なかなか「働けない」ニートの若者に対して、私は
「ただの人として、楽しく生きればいいんだ」
という言葉をよく投げかけます。
日本の社会は、良くも悪くも、目的なき上昇志向がまだまだ強い…
以下続く
posted by 事務局 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 文献・新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。