2006年11月09日

第2回 ガイドブック制作委員会(議事録)

第2回 若者就労支援ガイドブック制作委員会 
2006年11月7日(水)21:30〜21:50
アスト津3F交流スペース1にて
出席者:三好(みえ市民活動ボランティアセンター)、生木(若者就業サポート
ステーション・みえ)
、石阪(三重大学)、岡嶋・永野(寺子屋プロジェクト)


1、掲載団体数について
@研究会関係の十数団体に絞るのではなく、引きこもり対応や教育などの
 自助団体なども出来るだけ多数掲載したほうが良いのでは?

・支援者や支援団体向けの、県が発行する予定のガイドブックなので、
 きちんと受付対応が出来る団体であったほうが良い
・団体によって対応範囲が違うため、一件づつ確認を取らなければならず、
 多数あると手間とコストがかかる

→今回作成するガイドブック用データには、研究会関係の団体に絞って掲載する
→掲載しない他の団体多数については今後必要になる可能性もあるので、
 データベース化しておくのも良いのでは

A県内の市民活動センターが全て掲載されるわけではなく、
 後で載っていないセンターからクレームが来ることはないだろうか?

→ガイドブック掲載用調査票を各団体に送った8月あたりには団体が絞られてい
たため、
 そこの経緯を知っている方に確認します。


2、ガイドブックの構成について
 サイズや目次構成、ページ構成など、様々な工夫が挙がっています

→12月末に一通りのデータが出来上がるため、
 それを見ながら訂正削除していきましょう。


3、次回開催日
 2007年1月中旬
posted by 事務局 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ガイドブック制作委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。