2006年10月17日

「若者の気持ちを理解するための 傾聴トレーニング講座」を開催いたします

研究仲間である、若者就業サポートステーション・みえ さんによる企画です
筆者も前回参加しましたが、大変得るものがる有意義な講座でした。
お近くの方、興味ある方は、ぜひご参加をお勧めします。

若年者の就労問題は、本人だけの問題ではなく、家族や関係者にとっても大きな問題となってきています。
しかしながら問題を解決するには、多くの課題が残されており、その中でも、本人・家族の間の不和など、コミュニケーション不足が問題となってます。
そこで、家族・関係者を支援するため、産業カウンセラーによる「若者の気持ちを理解するための 傾聴トレーニング講座」を下記により開催します。



1日 時  平成18年10月23日(月)13時30分〜16時30分

2場 所  津市 アスト津 3階 若者就業サポートステーション・みえ
      三重県津市羽所町700  津駅 東口 徒歩1分

3内 容  「若者の気持ちを理解するための 傾聴トレーニング講座」

      講師 (社)日本産業カウンセラー協会 中部支部
      三重事務所 所長 太田克子

4対 象  当事者を持つ家族・関係者
      若年者の就労支援に関心のある方

      定員 15名

5参加料    無料

6申込方法  ご希望の方は住所、氏名、連絡先を明示の上、電話にてお申し      込みください。

       若者就業サポートステーション・みえ
       電話番号:(059)271‐9333 
       13:00〜18:00(土・日・祝日を除く)

       申込期限 平成18年10月20日(金)


また、当事者向けの次のような企画もあります。

当事者向けセミナー

「さぽすて・くらぶ ”働いてる人の話を聞こう”」

どうやって仕事とに就いたのか・・どんな出逢いがきっかけで・・
を、テーマに
ちょっとドラマチック、なんか変わった経歴をもつ人の
お話を聞かせていただきます。

今回、お話をしてくださる方は
体験プログラムの責任者で研究会のメンバーでもある
地域開発研究機構 事務局長 佐々木司郎さんです。

10月26日(木)14:00〜16:00
アスト津3階 サポートステーション

かなり面白いお話が聞けそうです。お楽しみに。
当事者の方でなくても参加できます。
サポートステーションのセミナーは無料です

みなさんふるってご参加ください。
posted by 事務局 at 22:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 若者就労支援研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

第4回 若者就労支援研究会

平成18年(2006)9月26日(火)19時〜21時まで、津アストの県民交流センター ミーティングルーム3,4にて開かれ、今回も研究会の方多数に参加していただきました。当、寺子屋プロジェクトが司会進行を努めさせていただきました。

はじめに、9月18日のイベントがNHKニュースで流れたものを全員で見ました。
また、翌日の伊勢新聞の記事も全員に配布しました。こういったマスコミに取り上げてもらうということも事業として大事なことですね。
次に、イベントの感想をブース出展者の実感も兼ねて、一人一人、長い時間をかけて語っていただきました。詳細は議事録をごらん下さい。
また、今後の活動として、親向けセミナーの企画案、ガイドブック作成に向けた方針案を委員より発表していただき、就労体験受託団体である地域開発研究機構よりジョブコーチ付の就労体験の第一期生の募集について説明していただきました。

最後にメンバーより、研究会の規約をつくりたい、当事者支援なのかゆるやかなネットワークなのかはっきりさせて欲しいという意見があり、今後の課題として取り組んでいく予定です。

200609261.jpg 200609262.jpg 200609263.jpg 200609264.jpg

第4回研究会議事録.doc
posted by 事務局 at 09:53| 若者就労支援研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。